資本金を捻出する方法|会社設立と運営を徹底支援いたします。

会社設立の専門家が、あなたの不安を取り除き、確実に会社設立・運営を支援いたします

新会社法で会社設立!!株式会社・LLC設立Station
お問い合わせはこちら
TEL:06−6431−0927
受付時間 平 日 9:00〜19:00
       土曜日 9:00〜17:00

サイト運営:行政書士とみなが行政法務事務所
無料レポート:こっそり教える得する会社設立
どうせ会社設立するなら会社設立後の運営や税金対策など、
有利になるようにしておきたいとは思いませんか?
詳しくは、下のバナーをクリック!!
あなたにこっそり教える得する会社設立
INDEX

会社設立TOP

会社設立する本当の理由

個人事業ではなく会社設立を選択する4つの理由とは?

株式会社とは何ですか?
株式会社について知ろう?
新会社法で身近になった株式会社
LLCとは何ですか?
新会社法で生まれた新しい選択肢:合同会社
合同会社と株式会社の違い
有限会社はどうするの?
既に設立した有限会社はどうすればいいの?
株式会社と有限会社との違い
株式会社にするか?
有限会社のままでいくか?
会社の種類一覧表です

株式会社設立の手順

株式会社設立の手順です

各設立手順における注意事項です

株式会社設立の費用はいくら?

会社設立費用を徹底解説  <株式会社編>

自分で設立する場合の会社設立費用

電子定款で4万円節約

会社設立サービスの費用  <関西編>

会社設立サービスの費用  <全国編>

専門家の報酬相場はどれくらい?

LLC設立の手順
合同会社設立の手順です
各設立手順における注意事項です
合同会社設立の費用はいくら?

会社設立費用を徹底解説  <合同会社編>

自分で設立する場合の合同会社設立費用

電子定款で4万円節約

合同会社設立サービスの費用  <関西編>

合同会社設立サービスの費用  <全国編>

専門家の報酬相場はどれくらい?

えっ、設立費用が4万円安くなる!?
電子公証制度で安くなる!!
設立する前に必ず確認!
許認可が必要な業種がありますよ
会社設立後の手続き
会社設立の後に行う届出
資本金を捻出する方法
現物出資という方法があります
知っておこう、起業のリスク
物品販売、労働者雇用、機密情報について
会社設立に関する疑問
会社設立 Q&A 一覧です
用語解説集
「?」と思ったら、ここを
クリック!

このペ−ジ、
「資本金を捻出する方法」
に関するQ&A
現物出資の目的たる財産の価格は、どのようにして定めるのですか?

とみなが事務所の会社設立
サービス
専門家に依頼するメリット
当事務所のお客さまの声
株式会社設立サ−ビスの内
容と価格<関西版>
株式会社設立サ−ビスの内容<関西版>
株式会社設立サ−ビス料金のご案内<関西版>
株式会社設立サ−ビスの内
容と価格<全国版>
株式会社設立サ−ビスの内容<全国版>
株式会社設立サ−ビス料金のご案内<全国版>
合同会社設立サ−ビスの内
容と価格<関西版>
合同会社設立サ−ビスの内容<関西版>
合同会社設立サ−ビス料金のご案内<関西版>
合同会社設立サ−ビスの内
容と価格<全国版>
合同会社設立サ−ビスの内容<全国版>
合同会社設立サ−ビス料金のご案内<全国版>
一般社団法人設立サ−ビス
の内容と価格<関西版>
一般社団法人設立サ−ビスの内容<関西版>
一般社団法人設立サ−ビス料金のご案内<関西版>
一般社団法人設立サ−ビス
の内容と価格<全国版>
一般社団法人設立サ−ビスの内容<全国版>
一般社団法人設立サ−ビス料金のご案内<全国版>
組織変更サ−ビスの内容と
価格
組織変更サ−ビスの内容
組織変更サ−ビス料金の
ご案内
あなたにピッタリの税理士無
料紹介サービス
しがらみのない税理士紹介サ
ービスのご案内<全国対応>
顧問契約のご案内
顧問契約 価格表
お得なパックサービス
会社設立のお申込
当事務所の紹介
「とみなが」のプロフィ−ル
Mobile
携帯版:株式会社・LLC設立
Station
とみながの情報ブログ
会社設立マスター行政書士冨永のブログ
(とみながの日常やお役立ち情報を発信)
必見!起業おすすめリンク
起業ノウハウここにあり!!
士業関連リンク集
関係役所一覧
法務局一覧(大阪管内)
公証役場一覧
近畿経済産業局
都道府県税事務所一覧
社会保険事務所一覧
公共職業安定所一覧
労働基準監督署一覧
日本政策金融公庫
サービスご利用規約
当事務所への無料相談、
お問い合わせ
過去のご相談、お問い合わせ
(一例)
facebook

korekara

印鑑・実印・はんこなら

〜現物出資について詳しく知りたい方はコチラ〜



@現物出資ってどういうこと? A何が「現物」にあたるの?
B現物出資って珍しいことなの? C現物の価格はどうやって決めるの?
D現物出資のデメリット E現物出資のメリット〜減価償却で節税
F全部現物で出資してもいいの? G現物出資と融資について

資本金を捻出する方法


現物出資という方法があります



@現物出資とは

このペ−ジでは株式会社の現物出資について、解説します。

知っておいて、全く損はありませんので、よく見ておいてください。

現物出資とは、お金を出資するのではなく、物を出資するということです。
つまり、資本は何もお金に限らず、物であっても構わないのです。
ですから、最初の出資の時でも構いませんし、後で増資するときでも構いません。

ただ、その出資する現物は、財産と認められるものでなければいけません。

例えば、土地建物などの不動産、自動車パソコンなどです。

また、株式などの有価証券や、社長個人が会社に貸しているお金、つまり会社への貸金債権も現物出資の対象に入ります。


A現物出資に対するハ−ドル

ところが、このような現物出資を行うには、原則として、裁判所が選任する検査役に、その対象となる目的財産の価格を調査してもらう必要があります。
(ただし、弁護士、公認会計士などの専門家に、調査をしてもらい、価格が相当である旨の証明を受ける場合は、検査役の選任は、必要ありません)

これには、時間も掛かり、手続きも煩雑なのです。
(弁護士などの専門家に調査を依頼する場合、費用もかかります)

随分と手間がかかりますね。

しかし実は、この検査役を選任しなくてもよい条件があります。

その条件とは、現物出資の総額が、500万円以下、というものです。

実は従来、この「500万円以下」に付け加え、「資本金の5分の1以下」である必要がありました。
しかし、会社法施行に伴い、最低資本金制度が撤廃されたことから、この「資本金の5分の1以下」という条件が撤廃されたのです。
(そうでないと、もし資本金が10万円の場合、現物出資できる額は2万円ということになってしまいます。)

というわけで、会社法施行後は、現物出資の総額が500万円以下であれば、取締役の自己責任で、現物出資を行う事ができるようになりました。


B現物出資の注意点

その他に、現物出資で押えておきたい注意点を挙げておきます。

ポイント@:設立時の現物出資者は、発起人に限られます

会社設立の後、増資の際に現物出資を行う場合は、個人、法人を問わず誰でも出資できますが、設立時の場合は、発起人しか現物出資ができません。

ポイントA:設立時に現物出資をする場合は、定款への記載が必要です

設立の時に現物出資を行う場合、定款に「現物出資をする者の名前、対象となる財産とその価格、現物出資に対して与える株式数」を書く必要があります。
(「株式会社の設立手順:手順E」にも書いております。)

ポイントB:目的財産には、適正な価格をつけましょう

現物出資をする目的物には、適正な時価をつけましょう。
目的物の実際の価格が、出資額に満たない場合、出資者や取締役が、財産価格の調査につき過失が無いことを証明しない限り、満たない部分を補填する義務が発生してきますので、注意してください。

ポイントC:会社設立または増資の登記までに、財産引継書を作成しよう

実際の登記までに、目的物を個人から会社に譲ったことを示す、財産引継書を作成する必要があります。
これは2部作成し、1部は会社保管用、もう1部は、取締役が作成する調査報告書に添付します。
(調査報告書は、「株式会社の設立手順:手順J」にも書いてあります)

なお、実際の所有権の変更(不動産の所有権移転登記、車の名義変更など)は、設立または増資の登記が完了してからでも構いません。

〜現物出資について詳しく知りたい方はコチラ〜



@現物出資ってどういうこと? A何が「現物」にあたるの?
B現物出資って珍しいことなの? C現物の価格はどうやって決めるの?
D現物出資のデメリット E現物出資のメリット〜減価償却で節税
F全部現物で出資してもいいの? G現物出資と融資について


いかがでしょうか?

対象目的物の時価を算出する手間は掛かりますが、このような現物出資もできますので、あなたが設立する会社の資本に組み入れるかどうか、検討してみてはどうでしょうか?
イメ−ジ的にも、資本金は多いに越したことはありませんので。
(ただし、無理はしないようにしましょう)

さて、次のペ−ジでは、事業を運営していくにあたって、注意しておきたい「リスク」について、触れておくことにいたします。

今、ここまでご覧頂いている「あなた」には、是非、見ておいて欲しいところです。

Step15  「知っておこう、起業のリスク」に行く

 会社設立のご依頼、ご相談はコチラ

このペ−ジのトップへ
当サイトのすべてのペ−ジにつき、無断での転載、転用を禁止します。
Copyright (c) 2005-2017 会社設立を大阪でするなら会社設立Station All Rights Reserved