会社設立の費用|会社設立と運営を徹底支援いたします。

会社設立の専門家が、あなたの不安を取り除き、確実に会社設立・運営を支援いたします

新会社法で会社設立!!株式会社・LLC設立Station
お問い合わせはこちら
TEL:06−6431−0927
受付時間 平 日 9:00〜19:00
       土曜日 9:00〜17:00

サイト運営:行政書士とみなが行政法務事務所
無料レポート:こっそり教える得する会社設立
どうせ会社設立するなら会社設立後の運営や税金対策など、
有利になるようにしておきたいとは思いませんか?
詳しくは、下のバナーをクリック!!
あなたにこっそり教える得する会社設立
INDEX
会社設立TOP
会社設立する本当の理由
個人事業ではなく会社設立を選択する4つの理由とは?
株式会社とは何ですか?
株式会社について知ろう?
新会社法で身近になった株式会社
LLCとは何ですか?
新会社法で生まれた新しい選択肢:合同会社
合同会社と株式会社の違い
有限会社はどうするの?
既に設立した有限会社はどうすればいいの?
株式会社と有限会社との違い
株式会社にするか?
有限会社のままでいくか?
会社の種類一覧表です

株式会社設立の手順

株式会社設立の手順です

各設立手順における注意事項です

株式会社設立の費用はいくら?

会社設立費用を徹底解説  <株式会社編>

自分で設立する場合の会社設立費用

電子定款で4万円節約

会社設立サービスの費用  <関西編>

会社設立サービスの費用  <全国編>

専門家の報酬相場はどれくらい?

LLC設立の手順
合同会社設立の手順です
各設立手順における注意事項です
合同会社設立の費用はいくら?

会社設立費用を徹底解説  <合同会社編>

自分で設立する場合の合同会社設立費用

電子定款で4万円節約

合同会社設立サービスの費用  <関西編>

合同会社設立サービスの費用  <全国編>

専門家の報酬相場はどれくらい?

えっ、設立費用が4万円安くなる!?
電子公証制度で安くなる!!
設立する前に必ず確認!
許認可が必要な業種がありますよ
会社設立後の手続き
会社設立の後に行う届出
資本金を捻出する方法
現物出資という方法があります
知っておこう、起業のリスク
物品販売、労働者雇用、機密情報について
会社設立に関する疑問
会社設立 Q&A 一覧です
用語解説集
「?」と思ったら、ここを
クリック!

とみなが事務所の会社設立
サービス
専門家に依頼するメリット
当事務所のお客さまの声
株式会社設立サ−ビスの内
容と価格<関西版>
株式会社設立サ−ビスの内容<関西版>
株式会社設立サ−ビス料金のご案内<関西版>
株式会社設立サ−ビスの内
容と価格<全国版>
株式会社設立サ−ビスの内容<全国版>
株式会社設立サ−ビス料金のご案内<全国版>
合同会社設立サ−ビスの内
容と価格<関西版>
合同会社設立サ−ビスの内容<関西版>
合同会社設立サ−ビス料金のご案内<関西版>
合同会社設立サ−ビスの内
容と価格<全国版>
合同会社設立サ−ビスの内容<全国版>
合同会社設立サ−ビス料金のご案内<全国版>
一般社団法人設立サ−ビス
の内容と価格<関西版>
一般社団法人設立サ−ビスの内容<関西版>
一般社団法人設立サ−ビス料金のご案内<関西版>
一般社団法人設立サ−ビス
の内容と価格<全国版>
一般社団法人設立サ−ビスの内容<全国版>
一般社団法人設立サ−ビス料金のご案内<全国版>
組織変更サ−ビスの内容と
価格
組織変更サ−ビスの内容
組織変更サ−ビス料金の
ご案内
あなたにピッタリの税理士無
料紹介サービス
しがらみのない税理士紹介サ
ービスのご案内<全国対応>
顧問契約のご案内
顧問契約 価格表
お得なパックサービス
会社設立のお申込
当事務所の紹介
「とみなが」のプロフィ−ル
Mobile
携帯版:株式会社・LLC設立
Station
とみながの情報ブログ
会社設立マスター行政書士冨永のブログ
(とみながの日常やお役立ち情報を発信)
必見!起業おすすめリンク
起業ノウハウここにあり!!
士業関連リンク集
関係役所一覧
法務局一覧(大阪管内)
公証役場一覧
近畿経済産業局
都道府県税事務所一覧
社会保険事務所一覧
公共職業安定所一覧
労働基準監督署一覧
日本政策金融公庫
サービスご利用規約
当事務所への無料相談、
お問い合わせ
過去のご相談、お問い合わせ
(一例)
facebook

korekara

印鑑・実印・はんこなら



会社設立費用を徹底解説<株式会社編>


自分で設立する場合の会社設立費用


まず、会社設立するのにいくら掛かるのかを、明確にしておきましょう。

ここで、ご紹介する会社設立費用を、まず頭に入れておいてください。


ご自身で設立手続きをする場合の会社設立費用
項目 金額 使う場所 備考
定款認証料 52,000円 公証役場 正確には、約52,000。実際には52,020円など。
印紙税(定款) 40,000円 公証役場 定款に貼り付けする収入印紙代です。
登録免許税 150,000円 法務局 資本金2,142万円以下の場合。
合計 242,000円
上記の費用は、いわゆる法定費用というもので、ご自身で設立する場合でも必ず必要になる費用です。

というわけで24万2千円が必要になるのですが、実際にはこれだけではありません。


それは会社印鑑代です。


会社設立する際には、会社印が必要になります。
実際に登記で必要になるのは会社代表者印(会社実印)だけですが、印鑑屋さんでは、代表者印の他に銀行印や角印(会社認印)、ゴム印をセットにし割安で販売しています。

これらの印鑑は安いもので、およそ1万5千円から3万円程度します。
また、会社設立登記完了後には、会社登記簿や会社印鑑証明を取得することになります。
会社登記簿は1通600円、会社印鑑証明は1通450円掛かります。

この取得する通数にもよりますが、会社設立登記後は5千円程度の費用を見ておく必要があります。
その他にも、ご自身の印鑑証明書を取得したり、資本金を振り込んだりしますので、数百円程度の費用が掛かりますが、あまり考えなくても良いでしょう。


というわけで、結局はご自身で株式会社を設立する場合、約26万2千円〜約27万7千円の費用が掛かるということになります。


電子定款で4万円節約


次に、会社設立費用を語る上で外せない電子定款について触れておきます。

会社設立する際には、定款(契約書の一種で会社の憲法といわれます)を作成する必要があります。
実は、この定款には印紙税法により4万円の収入印紙を貼る事になっています。

しかし、電子定款はコンピューター上のファイルが原本になりますから、印紙の貼りようもなく、電子文書は印紙税法の対象外になります。


このため、電子定款を作成すれば、4万円の収入印紙代がかかりません。

しかし、電子定款を作成するとなると、専用のソフトや電子署名を購入する必要があり、またオンライン申請が必要なため、約10万円の費用と手間暇がかかります。

このため、実質、電子定款はプロが作成する定款になっています。
(4万円の収入印紙代を節約するのに、それ以上の費用と手間を掛けていたのでは、本末転倒です。)

実際、電子定款の作成と認証手続きは、紙媒体で行うよりも手間が掛かりますが、全て専門家が行いますので、定款を作成する必要もなく、費用だけではなく、著しく負担が減ることになります。

なお、とみなが行政法務事務所に会社設立をご依頼いただきました場合は、次の項目でご紹介しますように、それ相応の報酬をいただくことになるのですが、上記の電子定款の作成により、4万円の収入印紙代が要らなくなりますので、結果論ではありますが、ご自身で会社設立する場合と弊事務所の会社設立サービスをご利用いただいた場合との差額は、かなり少なくなります。

この電子定款につきましては、「えっ設立費用が4万円安くなる!?」のページも是非、ご覧ください。



会社設立サービス費用<関西編>


とみなが行政法務事務所の会社設立サービス<関西編>の料金体系を<基本部分>と<オプション部分>とに分けてご案内いたします。

なお、会社設立サービス<関西編>の詳しい内容については、「株式会社設立サービスの内容<関西版>」のページをご覧ください。

<基本部分>

・お客様との面談
・会社設立基本事項の確認
・商号調査および事業目的の設定
・会社設立にかかる全ての書類作成
・公証役場への電子定款認証手続
・登記申請
・会計や税金に関する無料相談
・新会社設立案内状(新規設立・法人成り)の原稿作成、プレゼント
・会社設立時、および、会社設立後の相談料が無料<無期限> ・各種専門家のご紹介
・登記簿謄本(会社・不動産)の取得代行<無期限・費用は実費と郵送料のみ>

弊事務所報酬:48,000円(税込)
上記代金には、司法書士の書類作成費用及び申請費用、交通費、日当などが含まれております。

<オプション部分>

@会社代表者印・会社銀行印・会社角印(材質:柘、各印鑑皮袋付き)、印鑑ケースおよび会社ゴム印(ユニット印)の発注
印鑑代:10,000円(税込)
注)会社印鑑代は、ご自身で設立する場合でも、絶対に必要になる費用です。

A登記完了後の登記簿謄本および印鑑証明書、印鑑カードの取得
弊事務所報酬:5,000円(税込)
上記報酬額と併せて、取得通数分の登記印紙代(登記簿謄本=1通:600円、印鑑証明書=1通:450円)が必要になります。
注)上記登記印紙代は、お客様ご自身で設立する場合でも、絶対に必要になる費用です。

B税務署(法人設立届、給与支払事務所開設届、青色申告の承認申請書、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書など)、府・県税事務所(法人設立届)、市区町村役場(法人設立届)への届出代行
弊事務所報酬:10,000円(税込)

<法定費用>

弊事務所に株式会社設立手続きを依頼していただいた場合の法定費用は202,000円となります。
(収入印紙代の4万円が不要)

株式会社設立費用(総額)のご案内

分かりやすいように、2通りのご依頼パターンを例示させていただきます。

ご依頼パターン@
<基本部分>のみのご依頼
・弊事務所報酬:48,000円(税込)
・定款認証料(法定費用):52,000円
・登録免許税(法定費用):150,000円
合計:250,000円
注)上記の場合、会社印鑑代および会社設立後の謄本・印鑑証明書の取得費用はご自身にてご用意いただくことになります。

ご依頼パターンA
<基本部分>+<オプション@(会社印鑑)およびA(謄本などの取得)、B(税務署などへの届出代行)>をご依頼
※登記簿謄本3通(1通=600円)、印鑑証明書1通(1通=450円)取得の場合
・弊事務所報酬:63,000円(税込)
・会社印鑑代:10,000円(税込)
・定款認証料(法定費用):52,000円
・登録免許税(法定費用):150,000円
・会社謄本取得料(法定費用):1,800円(3通)
・印鑑証明取得料(法定費用):450円(1通)
合計:277,250円

ここで、自分で設立する場合の会社設立費用(約26万2千円〜約27万7千円)と比較してみてください。

比較した結果、ご依頼パターンAの場合で、その差額は約250円〜約15,250円となります。

このため、実質、この差額費用をご負担いただくことで、弊事務所がお客様に代わり会社設立に関する全ての手続きを行わせて頂く事になります。

ご依頼パターンAの場合、税務署、府・県税事務所、市役所への届出代行も行います。
時間と手間をさらに削減できます。


会社設立サービスの詳しい内容については、「株式会社設立サービスの内容<関西版>」のページをご覧ください。



会社設立サービス費用<全国編>


とみなが行政法務事務所の会社設立サービス<全国編>の料金体系を<基本部分>と<オプション部分>とに分けてご案内いたします。

なお、会社設立サービス<全国編>の詳しい内容については、「株式会社設立サービスの内容<全国版>」をご覧ください。

<基本部分>

・会社設立基本事項の確認
・商号調査および事業目的の設定
・会社設立にかかる全ての書類作成
・公証役場への電子定款認証手続
・会計や税金に関する無料相談
・新会社設立案内状(新規設立・法人成り)の原稿作成、プレゼント
・会社設立時、および、会社設立後の相談料が無料<無期限>
・各種専門家のご紹介
・登記簿謄本(会社・不動産)の取得代行<無期限・費用は実費と郵送料のみ>

弊事務所報酬:38,000円(税込) <収入印紙代の4万円より安い>
上記代金には、司法書士の書類作成費用、交通費、日当などが含まれております。

<オプション部分>

@会社代表者印・会社銀行印・会社角印(材質:柘、各印鑑皮袋付き)、印鑑ケースおよび会社ゴム印(ユニット印)の発注
印鑑代:10,000円(税込)
注)会社印鑑代は、ご自身で設立する場合でも、絶対に必要になる費用です。

A登記完了後の登記簿謄本および印鑑証明書、印鑑カードの取得
弊事務所報酬:5,000円(税込)
上記報酬額と併せて、取得通数分の登記印紙代(登記簿謄本=1通:600円、印鑑証明書=1通:450円)が必要になります。
注)上記登記印紙代は、お客様ご自身で設立する場合でも、絶対に必要になる費用です。

B税務署(法人設立届、給与支払事務所開設届、青色申告の承認申請書、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書など)、府・県税事務所(法人設立届)、市区町村役場(法人設立届)への届出代行
弊事務所報酬:10,000円(税込)

<法定費用>

弊事務所に株式会社設立手続きを依頼していただいた場合の法定費用は202,000円となります。
(収入印紙代の4万円が不要)

株式会社設立費用(総額)のご案内

分かりやすいように、2通りのご依頼パターンを例示させていただきます。

ご依頼パターン@
<基本部分>のみのご依頼
・弊事務所報酬:38,000円(税込)
・定款認証料(法定費用):52,000円
・登録免許税(法定費用):150,000円
合計:240,000円
注)上記の場合、会社印鑑代および会社設立後の謄本・印鑑証明書の取得費用はご自身にてご用意いただくことになります。

ご依頼パターンA
<基本部分>+<オプション@(会社印鑑)およびA(謄本などの取得)、B(税務署などへの届出代行)>をご依頼
※登記簿謄本3通(1通=600円)、印鑑証明書1通(1通=450円)取得の場合
・弊事務所報酬:53,000円(税込)
・会社印鑑代:10,000円(税込)
・定款認証料(法定費用):52,000円
・登録免許税(法定費用):150,000円
・会社謄本取得料(法定費用):1,800円(3通)
・印鑑証明取得料(法定費用):450円(1通)
合計:267,250円

ここで、自分で設立する場合の会社設立費用(約26万2千円〜約27万7千円)と比較してみてください。

比較した結果、はご依頼パターンAの場合で、その差額は約−9,750円〜約5,250円となります。

このため、実質、この差額費用をご負担(あるいはお得)いただくことで、弊事務所がお客様に代わり会社設立に関する全ての手続きを行わせて頂く事になります。

ご依頼パターンAの場合、税務署、府・県税事務所、市役所への届出代行も行います。
時間と手間をさらに削減できます。


会社設立サービスの詳しい内容については、「株式会社設立サービスの内容<全国版>」をご覧ください。



専門家の報酬相場はどれくらい?


最後に、専門家の報酬相場についてみてみましょう。

まずは、下表をご覧ください。
これは日本行政書士会連合会が2年に一度行う報酬額統計調査による、平成22年度の調査結果の抜粋です。

平成22年度報酬額統計調査結果(http://www.gyosei.or.jp/service/reward.html)

平成22年度会社設立報酬額調査結果

これによれば会社設立の平均報酬額は110,774円であることが分かります。
ちなみに、弊事務所の報酬額は、この平均額はもちろんのこと、最も回答の多かった10万円よりも安い報酬額となっております。
※この報酬額には法定費用や会社印鑑代はもちろんのこと、税務署などへの届出費用は含まれておりません。

行政書士とみなが行政法務事務所は、会社設立業務において、日々研鑽を積み、常に高いレベルのサービスを提供できるよう心がけております。
しかしながら、平均報酬より低いのは、会社設立業務を専門とし、業務効率を高めているからです。



次は、既に申し上げました「電子定款」「4万円節約」について、もう少しおさらいしておきましょう。


Step11  「えっ、設立費用が4万円安くなる!?」に行く

 会社設立のご依頼、ご相談はコチラ

このペ−ジのトップへ
当サイトのすべてのペ−ジにつき、無断での転載、転用を禁止します。
Copyright (c) 2005-2017 会社設立を大阪でするなら会社設立Station All Rights Reserved