設立する前に必ず確認!|会社設立と運営を徹底支援いたします。

会社設立の専門家が、あなたの不安を取り除き、確実に会社設立・運営を支援いたします

新会社法で会社設立!!株式会社・LLC設立Station
お問い合わせはこちら
TEL:06−6431−0927
受付時間 平 日 9:00〜19:00
       土曜日 9:00〜17:00

サイト運営:行政書士とみなが行政法務事務所
無料レポート:こっそり教える得する会社設立
どうせ会社設立するなら会社設立後の運営や税金対策など、
有利になるようにしておきたいとは思いませんか?
詳しくは、下のバナーをクリック!!
あなたにこっそり教える得する会社設立
INDEX
会社設立TOP

会社設立する本当の理由

個人事業ではなく会社設立を選択する4つの理由とは?

株式会社とは何ですか?

株式会社について知ろう?

新会社法で身近になった株式会社
LLCとは何ですか?
新会社法で生まれた新しい選択肢:合同会社
合同会社と株式会社の違い
有限会社はどうするの?
既に設立した有限会社はどうすればいいの?
株式会社と有限会社との違い
株式会社にするか?
有限会社のままでいくか?
会社の種類一覧表です

株式会社設立の手順

株式会社設立の手順です
各設立手順における注意事項です
株式会社設立の費用はいくら?

会社設立費用を徹底解説  <株式会社編>

自分で設立する場合の会社設立費用

電子定款で4万円節約

会社設立サービスの費用  <関西編>

会社設立サービスの費用  <全国編>

専門家の報酬相場はどれくらい?

LLC設立の手順
合同会社設立の手順です
各設立手順における注意事項です
合同会社設立の費用はいくら?

会社設立費用を徹底解説  <合同会社編>

自分で設立する場合の合同会社設立費用

電子定款で4万円節約

合同会社設立サービスの費用  <関西編>

合同会社設立サービスの費用  <全国編>

専門家の報酬相場はどれくらい?

えっ、設立費用が4万円安くなる!?
電子公証制度で安くなる!!
設立する前に必ず確認!
許認可が必要な業種がありますよ
会社設立後の手続き
会社設立の後に行う届出
資本金を捻出する方法
現物出資という方法があります
知っておこう、起業のリスク
物品販売、労働者雇用、機密情報について
会社設立に関する疑問
会社設立 Q&A 一覧です
用語解説集
「?」と思ったら、ここを
クリック!

このペ−ジ、
「設立する前に必ず確認!」
に関するQ&A
外国人が会社を設立するために必要な資格はありますか?

とみなが事務所の会社設立
サービス
専門家に依頼するメリット
当事務所のお客さまの声
株式会社設立サ−ビスの内
容と価格<関西版>
株式会社設立サ−ビスの内容<関西版>
株式会社設立サ−ビス料金のご案内<関西版>
株式会社設立サ−ビスの内
容と価格<全国版>
株式会社設立サ−ビスの内容<全国版>
株式会社設立サ−ビス料金のご案内<全国版>
合同会社設立サ−ビスの内
容と価格<関西版>
合同会社設立サ−ビスの内容<関西版>
合同会社設立サ−ビス料金のご案内<関西版>
合同会社設立サ−ビスの内
容と価格<全国版>
合同会社設立サ−ビスの内容<全国版>
合同会社設立サ−ビス料金のご案内<全国版>
一般社団法人設立サ−ビス
の内容と価格<関西版>
一般社団法人設立サ−ビスの内容<関西版>
一般社団法人設立サ−ビス料金のご案内<関西版>
一般社団法人設立サ−ビス
の内容と価格<全国版>
一般社団法人設立サ−ビスの内容<全国版>
一般社団法人設立サ−ビス料金のご案内<全国版>
組織変更サ−ビスの内容と
価格
組織変更サ−ビスの内容
組織変更サ−ビス料金の
ご案内
あなたにピッタリの税理士無
料紹介サービス
しがらみのない税理士紹介サ
ービスのご案内<全国対応>
顧問契約のご案内
顧問契約 価格表
お得なパックサービス
会社設立のお申込
当事務所の紹介
「とみなが」のプロフィ−ル
Mobile
携帯版:株式会社・LLC設立
Station
とみながの情報ブログ
会社設立マスター行政書士冨永のブログ
(とみながの日常やお役立ち情報を発信)
必見!起業おすすめリンク
起業ノウハウここにあり!!
士業関連リンク集
関係役所一覧
法務局一覧(大阪管内)
公証役場一覧
近畿経済産業局
都道府県税事務所一覧
社会保険事務所一覧
公共職業安定所一覧
労働基準監督署一覧
日本政策金融公庫
サービスご利用規約
当事務所への無料相談、
お問い合わせ
過去のご相談、お問い合わせ
(一例)
facebook

korekara

印鑑・実印・はんこなら

設立する前に必ず確認!


許認可が必要な業種がありますよ


さて、ここでは許認可の重要性について、ご説明いたしましょう。

 @許認可とは

まず、許認可について、ご説明しておきましょう。

本来、職業選択の自由が憲法で保証されいるのですが、衛生面、財政面または公安上の理由から、行う事業内容によっては、監督官庁による許可認可または届出が必要になる業種があります。

これら許認可を受けずして、事業を行った場合、事業主には、営業停止懲役罰金といった処分を受けることになりますので、くれぐれも注意が必要です。

これが実は、たくさんあります。
下の表をご覧いただければ、わかると思います。

 Aなぜ設立するまえに確認するのか

このA番が重要ですので、よく見ておいてください。
なぜなのか、ご説明いたします。

まず、あなたのこれから行おうとしている業種が、許認可を必要とするものなのか、関係官庁に問い合わせる必要があります。

そして、あなたの行う事業が許認可を必要とするものであった場合、その許認可の申請や届出は、会社設立してからになります。

そこで、許認可が必要と判った場合、以下に挙げます5項目を把握しておかなければなりません。


把握すべきこと、その1〜 期間
許認可申請をしてから、実際に許可が下りるまでに、相当の期間を要するものがあります。
この期間を計算に入れて、会社を設立しないと、すぐに営業したくてもできない、といった事態に見舞われかねません。

ですので、許認可申請をしてから、どれだけの期間で許可が下りるのか、確認しておきましょう。


把握すべきこと、その2〜 資格、経験
許認可が必要な事業の中には、その前提要件として、国家資格などの免許を取得していることや、ある一定の経験を持つ役員がいることなどを、求めるものがあります。

こういった条件に見合う人がいないために、「営業ができないどころか申請もできない」といったことのないように、しておかなければなりません。


把握すべきこと、その3〜 資産
許認可が必要な業種の中には、その前提要件として、ある一定の資産があることを、求めているものがあります。

要件に見合った資金がないばかりに、営業できないといったことのないように、しておかなければなりません。


把握すべきこと、その4〜 場所
許認可を求めるにあたって、事業を行う場所を、その要件に入れているものがあります。
風俗営業の許可などが、その良い例です。

実際に、営業が開始できる状態になった時に、場所が悪いため、営業許可が下りないといった事態にならないように、事前に十分確認しておかなければなりません。


把握すべきこと、その5〜 事業目的
許認可を受ける前提として、その事業内容に見合った、的確なる事業目的が入っていることが、その条件となっているものがあります。

この要件となる事業目的がないばかりに、変更登記が生じ、要らぬ費用や手間が発生しないようにしなければなりません。



このように、会社を設立したあとで、思いもかけないことにより、営業ができなかったり、再び定款認証登記をするはめにならないように、

@会社設立にあたっての基本事項を検討する段階
A許認可が必要かどうか
B必要な場合、どのような要件があるのか

について、十分確認するようにしましょう。


許認可の種類については、本当にたくさんあるのですが、ここでは、その一部を紹介しておきます。

業種
担当窓口
申請先
申請の
態様
建設業 国土交通省地方整備局、または、
各都道府県
国土交通大臣、または、
都道府県知事
許可
宅地建物取引業
(不動産屋)
各都道府県 国土交通大臣、または、
都道府県知事
免許
飲食店 保健所 都道府県知事 許可
喫茶店
菓子、乳製品製造業
乳類の販売
食肉、魚介類の販売
宿泊業
(旅館、ホテルなど)
医薬品販売業
(薬局)
理髪店、美容院 保健所 都道府県知事 届出
クリ−ニング業
一般風俗営業
(麻雀、パチンコなど)
警察署 公安委員会 許可
古物商
(中古車、リサイクルショップなど)
たばこの販売 日本たばこ産業(JT) 財務省財務局長 許可
お酒類の販売 税務署 税務署長 免許
人材派遣業 各都道府県労働局 厚生労働大臣 許可
職業紹介事業
介護事業 各都道府県 各都道府県知事 指定
旅行業(海外主催可) 運輸局 国土交通大臣 登録
旅行業(国内主催のみ)、
旅行代理店
各都道府県 各都道府県知事 登録
タクシ−業 運輸局 国土交通大臣 許可
トラック運送業 運輸局 国土交通大臣、または、
運輸局長
許可
軽トラック運送業 運輸局 運輸局長 届出
自動車分解整備業 運輸局 運輸局長 認証
倉庫業 運輸局、または、海運支局 国土交通大臣 登録
貸金業 財務局、または、各都道府県 財務省財務局長、または、
各都道府県知事
登録
産業廃棄物処理業 各都道府県 各都道府県知事 許可
揮発油販売業
(ガソリンスタンド)
経済産業局 経済産業大臣 登録

上の表の他にも、許認可を要するものは、多々あります。
必ず、許認可の有無と、その要件を確認してから、実際の会社設立の手続きに入るようにしましょう。


さて、許認可の要件を確認し会社設立手続きを経て、設立登記を済ましたら会社の誕生となります。

ところが、実際に会社を運営していくにあたり、各役所に、いろいろな届出をしなければいけないのです。
面倒くさいですが、それがある意味、信用の裏づけともなりますので、あとひと踏ん張り、がんばりましょう。

Step13  「会社設立後の手続き」に行く

 会社設立のご依頼、ご相談はコチラ

このペ−ジのトップへ
当サイトのすべてのペ−ジにつき、無断での転載、転用を禁止します。
Copyright (c) 2005-2017 会社設立を大阪でするなら会社設立Station All Rights Reserved